半導体 集積回路 設計 開発 輸出入 販売 加工 電子部品

上へ戻る

2018.01.24

テキサス・インスツルメンツ・インコーポレイテッド 2017年度第4四半期および2017年度決算概要

テキサス・インスツルメンツ(本社:米国テキサス州ダラス、会長、社長兼CEO:リッチ・テンプルトン、略称:TI)は23日、2017年度第4四半期および2017年度の業績を発表しました。主な内容は次の通りです。

TIの第4四半期売上高は、前年同期比10パーセント増の3,750百万ドル、営業利益は17パーセント増の1,563百万ドルとなりました。産業機器および車載市場におけるTI製品の需要は堅調に推移しています。また、2017年度売上高は14,961百万ドルとなりました。

TIの中核事業であるアナログ製品の売上高は、前年同期比で11パーセント増、同じく組込みプロセッシング製品は20パーセント増となりました。両事業部門の営業利益率は上昇しました。

第4四半期の粗利益率は、優れた製品ポートフォリオおよび300ミリウエハによるアナログ製品の製造など効率的な製造戦略により65.1パーセントとなりました。

2018年度第1四半期の売上高は、3,490百万ドルから3,790百万ドルの範囲を見込んでいます。

テキサス・インスツルメンツについて

テキサス・インスツルメンツ(本社:米国テキサス州ダラス、略称:TI)は集積回路 (IC) を製造し、主に日本市場へ供給することを目的として設立されました。今日では、日本市場への製品供給ばかりでなく、研究開発、マーケティング、製造技術の融合により、革新的な製品/技術を世界へ発信しています。
 
Texas Instruments ホームページ
http://www.tij.co.jp/

製品に関する問い合わせ先

クラビスカンパニー
株式会社マクニカ

E-mail clvwebmaster@clv.macnica.co.jp
FAX 045-470-9822
TEL 045-470-9821
前へ戻る